夢が広がる家&インテリア

CONTENTS

夢が広がる家&インテリア

私の親戚ですが、空き巣に入られたお宅があります。もう10年以上も前のことです。
どうやら、1階の部屋の窓に鍵をかけ忘れていたそうで、そこから入られたとのことです。その部屋の窓のすぐ前には高い塀があるので、まずそこから誰かが侵入してくる、ということを想像もしていなかったそうです。数軒、家が並んでいるので、すべての家の窓が開いてるかどうか順番に確かめ、空き巣にとっては運よく、親戚の家は鍵がかかっていなかったのでしょう。
そのお宅は両親共働きで、自宅の近くで自営業をされていました。当時、その家の兄は高校生、妹は中学生でした。夕方、兄が学校から帰ると、台所の食器棚の引き出しが全部開けられ、中の物が散乱していて、封筒に入れておいた現金30万円が盗まれたそうです。すぐに両親に電話をし、警察を呼んだそうですが、数名の警官と刑事がやってきて、たかがと言ったら失礼ですが、空き巣程度のことで、こんなに来る必要があるかという人数だったそうです。家族全員の両手の指紋をとるのに、黒い墨のようものを付けられて、空き巣が散らかしたものより、そちらの方の掃除が大変だったと言っていました。結局犯人が捕まったという連絡はないままだそうです。
30万は大金です。盗られたことはそりゃあ腹立たしいと思います。ですが、兄が帰ってきた時、犯人と遭遇でもして、危害でも加えられていたら…そして、もし妹の方が先に帰ってきていたら…と考えると、ゾッとします。本当にそれは不幸中の幸いと言えると思います。

Copyright (C)2016夢が広がる家&インテリア.All rights reserved.